受講者・お客様の声

アドバンスコース修了者

SRTセラピスト養成講座受講中

愛知県  磯村 美樹 様

米国では、戦争帰還兵のトラウマケアにタッチセラピーが効果を発揮していると知り タッチセラピーにとても興味をもちました。実際に施術を受けてみて、その効果の高さ、即効性に驚きました。
 

私は、5年間心理カウンセリングオフィスで勉強をしながら、先生のお手伝いをしていました。実際にカウンセリングを受けたり、カウンセラーとしてクライアントの話しに耳を傾けたことがある方はご存知かと思いますが、カウンセリングの初期段階は、カウンセラーとの信頼関係が良好であれば、「わかってもらえた!」という喜びや、悩みや苦しみを言葉にすることで得られるカタルシス効果で気持ちが軽くなるのですが、本当の意味で問題を解決するには、自分自身ときちんと向き合う必要があります。

この作業には覚悟と根気が必要になるため、カウンセリングが停滞してしまったり、中断してしまう方もいます。

悩んでいる時、辛い時に一歩踏み出すことは、難しいものです。SRTの素晴らしいところは、辛さ〜感情や身体的な症状〜を言葉とタッピングで短時間で解放、解消できることです。この効果は、セッション前にスコアを数値化するので、数字の変化で確認することもできます。
 

そして、これは人間の持つ素晴らしい力の一つですが、辛い症状から解放され、脳が活性化されると、「大丈夫かもしれない」「できるかもしれない!」と気持ちが前向きになるばかりか、「ああしてみたらどうだろう?」「こんな自分になりたいな!」というアイデアや目標が自分の中から自然に出てくるのです!!
 

「悩みとは  成長意欲!!」SRTのセッションを通して、一人でも多くの方に このことを実感していただきたいと思い あや子先生のもとで学ばせていただきました。
 

あや子先生は、とても志の高い方で、毎回お会いするたびに、この小さな身体のどこにこんなパワーがあるのだろう?と驚かされます。
一緒にいるだけで こちらまで元気になってしまう素敵な方です。

そして、志の高い方の周りには、同じく志の高い方が集まるようで、一緒にアドバンス講座を受講した方たちは、いつも明るく前向きで半年間一緒に学ぶ間に絆も芽生え 今ではかけがえのない仲間になることができました。これからも、あや子先生と仲間たちと力を合わせてSRTの素晴らしさを伝えていきたいと思います。

アドバンスコース修了者

SRTセラピスト養成講座受講中

愛知県 清水 温美 様

タッピングを知るまでは、悩み事を常に考えていたり、ネガティブ感情を、いつまでも長い時間、抱えていました。
SRTを知り、解放したい事のスコアを出し形や色サイズなどで明確にしタッピングをする事で、早い時間で切り替え出来る様になりました。
タッピングしている最中にも気づきがおきました。

 

今後は、積極的にSRTの技術を発信し、悩みや体の不調、生きづらさを抱えている方達が笑顔で過ごせれる様に、タッピングの達人である自分で在りたいです。

アドバンスコース修了者

SRTセラピスト養成講座受講中

愛知県  田中 信江 様

ネガティブな感情は出してはいけない、抑えなくてはいけないと思っていたけれど、

 そうではなく、脳のメカニズム・システムとして、素直に吐き出して解放させることが 大事であるということを、しっかり理解できたのでとても楽になれた。

 

 自分を理解しようとする意識が高まり、それに伴って、相手を理解しようとする意識が少しずつ高まっている。

 

今後は、  全ての人の脳には可能性があると信じて、自分と関わる人たちがより良い人生を送る ためのお手伝いをさせていただく自分になろうと思う。

 

 また、どんな人にも(自分が苦手だな、嫌いかも…と思う人にも)、愛と感謝を贈られる自分になり、  自分に自信を持ち、自分をさらに大好きになtっていく自分に期待したい。

プライマリーセミナー感想

心とお部屋の片づけコンサルタント

愛知県  河合 善水 様

今日は加藤あや子先生の講座「ストレス・リリース・タッピング」という手法の体験セミナーに行ってきました。可能性アカデミーという学校で脳の使い方を共に学んでいる素敵なお仲間です。

 

ストレスリリースタッピングとは、アメリカの帰還兵が戦争でのトラウマを克服したことで有名になった感情を自由に解放する手法という意味の、自分でできる心理セラピーです。全身にある経絡に沿ってツボがありますが、その経絡と感情には深い関係性があり、イラっとしたり、落ち込んだりと、いわゆるマイナス感情が沸き起こると、気の流れが滞るそうです。
 

そんな時、超簡単な「タッピング」をしながら、辛い感情を口に出していくことで、その状況からどんな状況に変えていきたいのか、自分で目指したい未来が描けるようになることを実践と通じて体感しました。
 

例えば私の場合、先日主人が名古屋で道を間違え、酷暑の中、5分で着くはずの場所に15分余りかかり、暑いし疲れるしイライラしました。

そのイライラした時のことを思い出してストレス・リリース・タッピングを行なってみたところ、これからはそんな場面がまた起きたとしても、

 

・笑顔で笑ってあげられる妻になりたい

・間違えたら、私も地図を調べてあげる

・主人に任せず、私も自分で事前に場所を調べよう

・とにかく、仲良し夫婦になりたい!

 

こんな気持ちが起きてきたのです!!!イライラの裏側には、こんな想いがあったなんて、ワークをしなければ気づかなかったです。

これがたった10分程度でできるのがすごい!旦那さんやお姑さんの愚痴をこぼしている人に、教えてあげたいです(笑)

 

SRT個人セッション感想

(3回コース)
「自分を不自由にさせていたのは自分なんだなぁと気づきました。」
愛知県 Y・K様  30代女性

◇セッションを受けてみようと思ったきっかけは、
仕事をしたいと思っていたけど、自分はたいした能力もないとネガティヴな気持ちになるばかりで中々行動に移せず、

何か新しい事をしてみようと思っても自信のなさや、自分を引き止めてしまう気持ちがあり、以前からタッピングセラピーに興味があったので加藤さんのセッションを一度受けてみようと思ったからです。


 

◇3回コースを受けてみて、
自分を不自由にさせていたのは自分なんだなぁと気づきました。過去にこんな事があってダメだったし、これからもそうなんだ…という気持ちをケアしていくと、考え方が柔らかくなっていく感じがします。

これからはどうしたいのか、どう在りたいのか、未来の方に意識を向ける様になると、自分は主体的に選択する事が出来るんだ、元々その力があったんだと気づく事ができました。


自分でもタッピング をして怖い、不安などの感情を認めてあげると軽くなったり、時には何であんな風に考えてたんだろと思ってしまう程スッキリします。これを感覚的に分かってきたので、何かつらい事や嫌な気持ちになったとしても自分でケアできるという安心感があります。



◇以前と比べて、
気持ちの切り替えが早く出来る様になってきたので、少しずつですが、楽しんで行動できる余裕が出てきました。面接に行く時も、緊張してはいましたが、どこかワクワクした気持ちを感じていて、結構私ってたくましい所があるんだなと発見できました。


毎日タッピング をしていますが、ポジティブなセットアップフレーズがすぐには思いつかなかったりするので、もっと使いこなせる様になりたいです。
 

仕事以外にも習い事をしようかな、水彩画をやってみようかなと意欲が湧いてきたので、興味がある事にも挑戦していきたいです。あや子さんの所で勉強していきたいと思っているので、その時はよろしくお願いします。

© 2016 by Aile

Opening hours

10am - 8pm

 

お問合せ